Jour Ferie la BANKのご案内

歴史ロマン溢れる「宮都橿原」に存在し続ける洋館は、
あなたの幸せの記憶を未来へつなげる場所となります。
レストランウェディングはもちろん、WD二次会、貸切ご宴会、ライブ演奏等、
様々なシーンにご利用いただけます。

平成18年(2006年)橿原市で初めて登録有形文化財に指定された「旧六十八銀行八木支店」。
六十八銀行は旧郡山藩主柳沢保申が明治12年(1879年)に提唱した国立銀行です。その後、昭和9年(1934年)になって、吉野銀行・八木銀行・御所銀行と合併し、現在の南都銀行となりました。
1928年(昭和3年)当時の鉄筋コンクリート建築をリードしていた
奈良県技師・舟橋俊一の設計により建てられた奈良県南部に
現存する最古の鉄筋コンクリート造である意匠の技術に、映画館「八木劇場」としても利用された歴史は、
未来へ残すべき歴史的洋館であると認定されました。
外観は両翼を張出したルネサンス建築でイオニア様式の円柱の頭部に卍とデンティルを伴ったアーチ窓、
両脇の頂部にはメダリオンが配されバロック的な装飾性も感じられます。
内部は、大きな吹き抜けに回廊が取り巻かれ存在感あり金属扉が当時の銀行を思わせます。
銀行、映画館と橿原の人々の記憶に残る洋館が、あなたの幸せの記憶を未来へと繋げていきます。